journal intime.
焼き菓子の紹介や作者の日々の出来事
秋の手仕事

焼き菓子のお客様と義母から

沢山の栗を頂いたので


栗の渋皮煮をつくりました


実は初めての渋皮煮




栗カッターを使ったので鬼皮は楽々剥けたのですが、

渋皮煮を剥かないようにするのは非常に難しく

半分は渋皮をむいてしまい

栗ポタージュや栗おこわに



無事綺麗に剥けたのは

何度も茹でこぼし


たっぷりの砂糖とラム酒で煮ました







今までつくり方を知らなかったので
こんなに大変なものかと

渋皮煮の有り難みを感じ


非常に手間がかかり
丁寧な作業が必要なので



夜中に栗剥きした際は途中で投げ出してしまいそうでした


だからこそ出来た時はとても感動

そして手作りの渋皮煮は上品に甘く


秋のお茶受けにぴったり


なんだかハマってしまって二日連続で作りました


この秋あと2回くらいは作りたいです




長期保存用に瓶詰めに









大好きな映画

“リトルフォレスト”の秋の回の渋皮煮を参考にしてつくりました



- comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://mbr-journal.jugem.jp/trackback/475
<< NEW | TOP | OLD>>